SIMフリー端末のメリット

最近話題になっているのが、携帯電話を各社で取り扱っているのですが、通信事業において法律の規制が緩和され、独占的に携帯端末を制限できていた項目が、SIMフリー端末へと切り替えなくてはならなくなりました。


このため、携帯各社においては人気機種の端末をどのように対応していくのかをしっかりと判断しなくてはならず、現在のようにこれまでの取り組みとは違った方法にて事業戦略のアプローチを実施していく必要が出てきました。

これまで、人気機種においてはキャリアが独占的な販売権利を持っていたため、購入するにしてもキャリアの拘束があったのですが、経済産業省の取り組みにより規制が解除されたことから、自分の好きな機種で、自分の好きなキャリアが選べるというメリットが生まれました。



このように、SIMフリー端末は最近の機種では当たり前の状態になってきているため、機種変更をすることなく、携帯電話会社を選び直すことができるようになっています。



さらに、SIMフリー端末になったことから今後は中古の携帯電話の販売についても非常に需要が高くなってきており、多くの会社において、中古の端末の回収する動きが出てきています。

こうした流れから、現在では携帯各社においては各サービスによる差別化を実施しなくてはならず、現在のところ大手の3社が非常に激しいサービス提供争いを実施しています。



さらに、多くのユーザーにとっては自由に選べる権利が得られたので、非常に大きなメリットとして対応が好まれるようになっています。